車道楽
今まで乗ってきた車たち
このページは私が今までに乗ってた車達を紹介しています。
クラウンだけ、実際に乗っていた車の同型車の写真です。
車種トヨタ:クラウン
年式平成元年
グレードセダン スーパーサルーン
排気量2000
その他最終走行距離27万キロ

 はじめて買った車がクラウン。「いつかはクラウン」ではなく「いつかのクラウン」でした。写真は同型車。まぁ、お金がなかったからね。クラウンってタマ数が多い上に値崩れが激しいからね。事故歴ありのいわくつきの車でしたが、やはり「腐ってもクラウン」。コンフォート性は高かったよ。
 当時、先輩に言われたことが「最初は大きい車に乗れ」ということ。大きい車で取り回しを身に着ければ、小さい車も乗れる。けれど小さい車で最初になれちゃうと大きい車に乗れなくなる、という事だそうです。これは後々に実証される事になりました(汗 ただ、クラウンで最初になれちゃったもんだから、それ以下のサイズのくるまは狭くて仕方がないという慣れ方もしてしまいましたが。友達からはオッサンクラウンといわれ、誰からも「オヤジの車だろ」といわれましたが、結構、気に入っていました。ボディサイズの割りに、案外、ハンドル切れるしね。2リッターでしたが、重めのボディでの高速走行に魅せられ、ここからトヨタ党にハマることに。

車種トヨタ:カルディナ
年式平成7年
グレード4WDワゴン TZ
排気量2000
その他最終走行距離36万キロ

 しばらく自動車のない生活をしていましたが、やはり自動車がないと面白くない。そこで、自動車を購入。釣りに行きたかったのと、当時付き合っていた人の意見でステーションワゴンに。そこでもやはりトヨタ直列エンジンにこだわってカルディナに。この車ではあちこちに行きました。青森から兵庫までどこへでも行ったなぁ。よく、友人と出かけた記憶があります。フルタイム4WDとは如何なものかと思っていましたが、案外と素直な挙動でよかったですよ。いかんせん、高速域での力不足と若干、軽いのだけは避けられませんでしたが。終戦記念日に、シャフトが折れて損壊。まぁ、30万キロ以上走ったので良いでしょう。774ナンバーが特徴(笑)

車種トヨタ:アリスト
年式平成4年
グレード3000Q
排気量3000
その他最終走行距離14万キロ

 カルディナが損壊したために、急遽、購入した車。福島まで帰省する予定があって、急遽購入した車。カルディナに乗っていたときから、次はアリストと決めていたので、せっかくだからってことであまり吟味しないで購入。これも修復歴アリの車だったのですが、最初のクラウンで特に不都合がなかったのであまり気にしないで購入。……が、これが大失敗。購入三日目に左ウインドがしまらなくなったのを皮切りに壊れる壊れる。それでも3リッター直列6気筒のハイパワーは心地よく、クラブアリストにも加入。これから色々と手を加えようとしていた矢先に、高速道路走行中にブレーキが効かなくなるという事態に。なんとか他車・バイクには被害を与えませんでしたが全損。
しかし、いっぺん3リッター200馬力以上の味を覚えてしまったら手に負えない。

車種トヨタ:アルテッツァ
年式平成11年
グレードRS200Z-ED
排気量2000
その他事故った。

 アリストを焦って購入して失敗したので、今度は慎重に車選び。再びアリストにしようと考えていたのですが、中古車情報を見ていくうちにアルテッツァもいいな♪ と思い、浮気してアルテッツァ(あくまでもトヨタ直列FR)。パワーに比べて軽く、キビキビと動くのはいいのですが、若干、振り回される感じがしたのは否めませんが、なかなか満足した車でした。

車種三菱:レグナム
年式平成9年
グレードVR−4
排気量2500
その他最終走行距離14万キロ。

会社で上司が安く譲ってくれるというので格安で譲ってもらった車。まぁ、車検まで乗ればいいかな、程度のノリで。 前オーナーがいじりまくってたので、何がなんだか。おまけに直後にその会社から別の会社に移籍しちゃったので、わからないことがあっても訊くに訊けず。 まぁ、壊れたのはエアクリーナーくらいでしたが。 別に小さくはないのですが、フロントガラスがずいぶん寝ているので、クラウン、アリスト……と乗ってきたオイラには頭上が気になって仕方がない。 かなり高速で飛ばせる設定になっていましたが、オイラは生活圏のアシで使っただけで終わりでしたね。

車種トヨタ:アリスト
年式平成9年
グレード3000V
排気量3000
その他これからどういうカーライフになるのか。

 結局、アリスト(笑)。本当はレクサスGS450hに気が引かれてるんですがねぇ


女の子お絵かき掲示板ナスカウィルダイレクトiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス無料の同人誌アップローダ